使い方は色々!ベストな印刷をされたポリ袋の使用方法!

ポリ袋の印刷の選び方とワンポイント紙袋のメリット

店舗で使用するポリ袋の印刷は、社名やイラストなどがはっきりと見えやすい色を選ぶのが良いでしょう。近年、透明や半透明のポリ袋を使う機会が多くなってきたので、ロゴの部分は黒色、もしくは赤や青といった濃い色での印刷インクがおすすめです。 ポリ袋では入り切らない大きめの商品を入れるには、ワンポイント紙袋が効果的です。ワンポイント紙袋は表面に社名やロゴが印刷してあり、一度に大量に必要な場合でも、低コストで納品できます。紙袋はポリ袋に比べ、商品に高級感を与えることができるのもメリットです。さらに、ワンポイント紙袋はコート紙マットPP加工に箔押してあるため、強度や耐水性にも優れています。サイズも4種類から選ぶことができます。

用途別の袋の利用法とオリジナルショッパーについて

ポリ袋は、スーパーやドラッグストアのレジでよく使われています。主に、食料品や日用品の買い物に使うことが多いです。ワンポイント紙袋はデパートやファッションのブランド店などで使う場合が多く、また家電製品も手荷物として受け取る商品にはワンポイント紙袋が利用されます。 オリジナルショッパーの作成を依頼すると、店舗や企業に対しオリジナルのポリ袋や紙袋を、用途に合わせてデザインや印刷などをしてくれます。袋の素材やサイズ、印刷インクの色数選び、名入れも安心してお願いできて、ブランドのイメージアップに効果的です。各店舗や企業に合わせて価格優先か納期優先かを選ぶこともできます。オリジナルショッパーのバッグを利用すると、販促物でのコスト削減にも役立ちます。

ビニール袋に印刷する目的は遮光や目隠しの他、店舗や商品の宣伝も含まれます。ビニール袋は安価で大量に購入出来るので印刷による宣伝効果が高い利点がある一方、耐久性が低く劣化しやすいので注意が必要です。