ポリ袋印刷を発注する時に注意したいこと

自分のお店にあったポリ袋を作りましょう

お店の商品を入れてお客様にお渡しするポリ袋も、お店のイメージを左右するので大変重要なアイテムになります。ポリ袋の色使いや大きさ、デザインでお店や商品の良し悪しを判断されてしまいます。いい色だと思っても、商品のイメージと合わない色であればそこの店員さんやオーナーのセンスを疑われてしまいます。そこで、ポリ袋を発注するときには、自分のお店や商品のイメージにあった色使いやデザインなのかを十分検討して発注しましょう。それから商品の大きさに合わせて、違うサイズのポリ袋を数種類用意しましょう。もちろん、色も数種類あって商品別に変えたほうがさらに良いでしょう。デザインはお客様の反応を見て、季節ごとに変えるとか商品ごとに変えるなどの工夫をしましょう。

小回りの利く業者に依頼しましょう

ポリ袋は一枚が安いため、大量の購入が条件で販売されている場合が多いのですが、小口で受注を請け負ってくれたり、さまざまなサイズや色の品ぞろえのある業者に依頼するほうが良いです。お店や商品のイメージを決めてしまうこともあるので、お客様に受けが悪い袋を大量に購入しても意味がありません。小口で受注を請け負ってくれる業者のほうが、いろいろと便利です。季節ごとに変更することもできるし、商品別やお客様の年代別に色分けすることもできます。こちらの要望の色やデザイン・サイズを取り揃えてくれる小回りの利く業者がベストです。最近はインターネットでも注文を受け付けてくれる業者も多いので、安くて小回りの利く業者を選定しましょう。

店名などを印刷したオリジナルビニール袋は手頃な価格で制作可能な上、商品を購入した人が持ち歩いてくれれば店の宣伝にも繋がります。